ニキビにプロアクティブ

ニキビにはいろいろなクスリがあります。

テレビで最近圧倒的に見かけるのが「プロアクティブ」。

私はクスリよりもレーザー治療とケミカルピーリングがいいと思い、そちらを選択しましたが、そんな私も、プロアクティブはお勧めできるような気がします。

私の知人の娘さんたちが、ちょうど思春期。

ニキビに悩まされている子もいたのだけれど、そのなかの多くが「プロアクティブ」を活用して、かなりニキビ治療はうまくいっている様子。

テレビで見ると「お試し」ができるようだから、これはお試しを申し込むべきでしょう。

テrビの宣伝で見たところ、かなり充実してるセットです。

こういうのは、もらっておくといいのです。


「よければ、今後も購入して使うし、よくなければ、お試し飲み」

ということでOK。

よければ使い続ければいいのです。

こういったのは、面倒がらずに申し込むといいのです。

ニキビを治す素肌美容法

ニきビを治す素肌美容法。

今回は、私が注目している素肌美容法についてお話します。

私はレーザー治療と、ケミカル・ピーリングで驚くような成果を得たので、現代の最新技術を使った「肌トラブル」の解決を、友人や知人に薦めています。

化粧品を変えただけで、あるいは塗り薬、飲み薬だけでは、決定的な肌トラブルの解決は得られませんでした。

それが、レーザー治療などは、明らかに成果があるからです。
明白な成果が得られるのです。
美肌作りのためサプリメントは、たしかに効きますが、すぐには結果がでず、費用面でも、かえってケミカル・ピーリングなどよりも高くつく場合もあるのです。
しかし、今日ご紹介する内容は、高橋八重子 著『素肌美容法』です。
現代技術を信頼しつつも、この素肌美容法も、たしかに成果を感じましたので、内容をご紹介します。
ただし、成果はすぐには、あらわれないと思います。

まず、高橋先生の基本は、
「化粧品はお肌にとっては、異物である」
という考え方です。
化粧品は、ほとんどが、石油から採取した材料と水を混ぜ合わせたものに香料を入れ、そして着色したものである、ということは多くの人が知識ではわかっています。
あなたも、その知識はあったのではないですか?
しかも、化粧品が害を及ぼす場合が多いことも知っていたのではないでしょうか?
知っていながら、そんな化粧品を使っているのではないですか?
先生の考えは、皮脂が十分お肌にとってのクリームの役割を果たすものだから、最良のクリームは皮脂である、という考えです。
もちろん、化粧をしないわけにはいかないでしょう。
女性のたしなみですから。
ただ、できるだけ自然のものに近いものを使用するべきなのです。
テレビでの通信販売では、水に近いような化粧水を販売しているものも見かけましたが、そういうのが良いのです。
ニキビの対策については、化粧を自然的なものに変えることと、マッサージ美容法をやめるべきと言っています。
お肌を活性化するには、マッサージをするのではなく、やさしく自分の手でパッテイングするくらいがよいのです。
石油からの合成成分でできた化粧品はニキビにも良くないですが、シミやクスミにも良くありません。
石油をつけたあと、日差しの中にでているのと同じことなのですよ。
あまりにも危険なのです。
肌に良くないのは明白なのです。
石油合成のシャンプーが、頭髪にガメージを与え、ハゲを招くということも聞いたことがありませんか?
髪に悪いことは、肌にも悪いのは当然なのです。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM