ニキビはレーザー治療と核酸食品でキレイ

ニキビは青春時代にできることが多いので、「青春のシンボル」といわれることもあります。

青春時代のあかしとして、しかたなく受け入れる人もいるのではないでしょうか?

しかし、なめらかでスベスベした肌がぶつぶつになるのは、精神上も良くないのです。

やはり本人なり、親が、注意して対策をたてたほうがよいと、私は、思ってる。

そのためには、レーザー治療や、ケミカル・ピーリングなども当然検討すべきではないでしょうか。


ニキビは脂肪の分泌を促すホルモンが活発な時期に、余分な量の脂肪や糖類を大量に摂取するために起こります。

ある説では、「チョコレートはニキビと無関係」というけれど、そんなことを書いた美容の本を見たことがありますが、経験上、

「そんなことは、あるまいよ」

と思いました。

ニキビにチョコレートは良くない。

あめ玉やコーラ、缶コーヒーも良くない。

体験上そういえる。

ニキビは皮膚の表面の異常のように見えますが、体の中から発信されるメッセージなのです。

さて、ニキビができたら、最新のレーザー治療を検討してはどうか、というのが私の基本的な考え。

もちろん、専門の皮膚科の先生に相談してからですよ。

専門家として腕のよい先生なら、レーザー治療やケミカル・ピーリングは解決が早いのです。

悩んでいるのはよくありません。

あなたの服にあずき大のシミがついたら、その服を着ないでしょう?

いやになるでしょう。

でも、ニキビやシミも同じことです。

いえ、服よりもずーっと大切な顔にできているものです。

早く、消し去るのがよいのです。

鏡を見て、自分の顔に満足のいく状況でないと、人は幸福になれないのです。

ただ、レーザー治療だけでなく、食事療法を取り入れると、本当に早く、きれいになります。

ニキビをはじめ、シミ、髪の毛、などの劇的な改善が起こる不老の食事として評価されているものがあります。

それを食べると、劇的な改善・変化があるはずです。

では、ノーベル医学生理学賞からの発見で、有名なアンチエイジングの大家、ベンジャミン・フランク博士の若返りの食事を公開。

もちろん、ベンジャミン先生が、「ニキビにも効く」と明言しています。

では、先生の著書「老化は食べ物が原因だった」を参考に、記載します。

ニキビをなくし美肌を作る食事その1

週4回いわしを食べる。


ニキビをなくし美肌を作る食事その2

週1回サケを食べる。


ニキビをなくし美肌を作る食事その3

週1回えび、かに、貝類を食べる


ニキビをなくし美肌を作る食事その4

週1回何でもいいから魚を食べる


ニキビをなくし美肌を作る食事その5

週1回レバーを食べる


ニキビをなくし美肌を作る食事その6

週1回か2回はかぶ、豆類を食べる


ニキビをなくし美肌を作る食事その7

毎日少なくとも1回野菜類を食べる


      以上です。

さて、この若返りの食事をすれば、非常に体調も、見た目もよくなることでしょう。

ニキビも体内から消えていきます。

あとは、実践し続けることだけです。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM