ニキビ治療とモテとの関係

ニキビは悩んでいないで、さっさと消し去りましょう。

というのも、

肌にはすべてがあらわれる、という気がするからです。

その人の考え方、生活態度までが出てしまうような感じ。

その感じは、確信に変わってきた。


「規則正しく、ちゃんとした食生活をしているのか。」

「気持ちが安定しているのか。」

「酒やタバコを生活に取り入れているのか。」


そんなことが、肌状況でわかるような、気がする。

その人間がどういう人かを、誤解もあるだろうけれど、肌で判断されてしまう時代です。

そして、異性にモテるのは清らかな感じがある美肌が圧倒的に有利なのです。

肌がきたないと、「優秀な子どもを得る」という男と女の共通の思いから、「なにか、病気でもあるのでは」と、本能がシグナルを送るのです。

「この女(男)は、やめとけ」

と、本能のレベルで感じるのです。

ニキビ一つでも、不利になるのですね。
そういう時代には、ニキビをはじめ、シミ、クスミなどは、その人を不当に低く見ることになりますね。

たしかに、肌が白く透明感のある人は、清らかなイメージを圧倒的に持つ。

清潔感が、あふれてる。

だから、服や、宝石類よりもまず、自分の肌を磨き上げようではありませんか。

その気持ちになったとき、強い味方がレーザー治療とケミカル・ピーリングなのです。

私は、1回につき5千円〜1万5千円程度のお金をレーザー治療等に使いましたが、もっとも見返りの多いお金の使い方だったと満足しています。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM