ニキビを治す方法を考える

ニキビを治すためのレーザー治療とケミカル・ピーリングにサプリメントが加われば治るのも早く、また、綺麗な肌感触になります。


なんとかニキビやシミ、アザなどを治したいと思う人は多いです。



でも、皮膚科や、まして形成・美容外科に相談に行くのもこわいという方のために、私は自分の体験と、ライフワークである自分の肌を、できる限り若いままでキープする方法をこのブログで公開してまいります。


さて、今日でレーザー治療(シミ)を受けてから2週間になります。


レーザー照射後のカサブタもとれ、下から肌色の新しい肌が見えてきました。
うれしいです!!
あのくすんだ薄黒いシミが消えたのですから。


ザマーミロ!!シミめ。


このシミも、レーザー治療やケミカル・ピーリングの治療に加え、サプリメントをとることで、キレイ肌になるのが早まります。


シミにはビタミンCの顆粒状のものを病院からいただいています。


ニキビも同じことです。




レーザー治療だけでなくサプリメントを摂った方がよいと私は思う。


食事をきちっと食べていればサプリメントは不要という人もいますが、どうでしょうか。ニキビ治療については、その考えに私は賛成できません。


現代はとくに、不規則な生活、睡眠不足、タバコ、アルコール類、スナック菓子、ファーストフード等、栄養も、生活習慣も、ニキビを発症させやすいものばかりです。


こんな時代だからこそ、サプリメントで補うという考えは重要ではないかと思います。


ニキビに効くサプリメントは、

ビタミンB2とビタミンB6です。


ビタミンB2は、美容のビタミンとも呼ばれます。健康なつめ、肌をつくります。ニキビにも非常に有効です。タマゴにも含まれます。

ビタミンB6は、皮膚を健康にし、神経の働きも正常に保ちます。

イワシにも含まれます。

ニキビに効くサプリメントとしてビタミンCもよいです。

肌についてはビタミンが良いのですが、とり過ぎないようにするべきです。



サプリメントの注意書きを読んでください。

私自身は、多めに摂取しています。

害はなく、効果のみ実感していますが、個人差もありますので、まずは、規定量で様子を見ることです。


ニキビの状況に変化がなくとも、1か月は続けてみるといいです。

白ニキビ用ピーリングパック【チュルン】はこちら




 
JUGEMテーマ:ニキビ(にきび)治療

にきびを治すための基礎知識でにきび消える

レーザー治療でにきびはきれいに治ります。
ケミカルピーリングを加えればさらにキレイに治ります。
しかも即効です。
ただし、にきびを根本的に発生させないためには、今回述べることくらいは確実に知っておくことです。
美肌は豊富な情報量によってキープできる部分があるのですね。

にきび対策を完璧にするために、にきびの原因を考えてみましょう。にきびになるのはだいたい思春期以降となります。中学生ぐらいになると、にきびが急に出てきたりします。にきびは男性、女性問わず見られる症状です。

思春期ににきびが出てくる原因としては、男女問わず、男性ホルモンが増加することに原因があります。男性ホルモンは想像がつくと思いますが、皮脂の分泌を活発化させる働きがあります。このため過剰な皮脂の発生がにきびの原因となるのですね。中学生ころににきびが増加してくるのは、ある意味しょうがないので「青春氏のシンボル」といわれるのです。

にきびは毛穴に皮脂がたまることによって起こり、思春期以降になると皮脂腺が発達しますので、皮脂の分泌がどんどん活発になっていきます。まだ毛穴の発達は不十分なため、皮脂を外部に排出することができず、にきびは皮脂量の増加に毛穴の発達が追いつかないことによって起こります。

にきび対策は毛穴の汚れを改善することが大切なのですが、皮脂が毛穴にたまってしまう要因はさまざまにあることが分かりました。誰しもにきびになる可能性があることは、きちんと認識しておいたほうがいいのです。

ニキビは適切な治療でキレイに治る時代となったことは、すばらしいことです。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM