ニキビを根本的に治し、発生しないようにする。

にきび対策を考える中で、にきびは誰でもできることがわかりました。にきびが出来やすい人、にきびが出来にくい人がいるのはなぜでしょうか?アクネ桿菌は常在菌ですので、誰でもにきびにはなると思うのですが、人により、差が出来るのは何か理由があるのでしょうか。

にきびには実際にできやすい人、出来にくい人が存在します。これらの差はズバリ皮脂の分泌量の差だといえるのです。にきびになりやすい人は、明らかに皮脂の分泌量が多い人です。なんとなく油っぽい人っていますが、そういう体質の人はにきびになりやすい傾向があります。

皮脂の分泌量の差は、その人の肌質に起因します。そしてその肌質を決定するのは遺伝的要因なのです。しかし遺伝が原因と言われてしまうと、改善の余地がないように考えてしまいますが決してそんなことはありません。皮脂過多の体質を改善することは可能だといわれています。
体質改善でニキビは治るということでもあるのです。

にきび対策は後ほど詳細を説明しますが、皮脂が多い体質を改善するには生活習慣に気をつけるのが最優先です。実行すれば確実に変わります。規則正しい生活、食事に気をつけるなどでも体質は変化していくものです。野菜中心の食事に切り替えるのも効果があるよですね。

レーザー治療とケミカルピーリングで、確かに、にきびは早く治るのですが、根本的に体質を改善しないと、またニキビが発生してしまうのです。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM