ケミカルピーリングを家庭でおこなうことの注意点

ケミカルピーリングについて。

自宅でもケミカルピーリングができるのです。

日焼け止め対策をしっかりやっていたつもりでも、秋になると、肌は夏に受けたダメージをあらわにします。

急に増えだしたシミ、ソバカス、くすみを何とかしたいというときに、美容整形なら「ケミカルピーリング」や「レーザー治療」で真っ白な肌を取り戻してくれそうです。

「プチ整形」といって、短時間でメスなどを用いずに、比較的安価な値段で施術が可能になったこともあり、芸能人でない一般の人たちの間でも美容整形が急速に普及しています。

それでもやはり、お安い出費ではありません。そのため、シミ・ソバカスの対策として、市販品を利用して自宅でケミカルピーリングを行おうという方が増えています。女性雑誌にも家庭用ケミカルピーリングの広告が出ていますよね。

ピーリング石けん、ピーリング化粧品、更にはピーリングマシーンなるものまで発売されているのですが、製品としては、どれほどの効果を期待できるのでしょうか?

市販されているピーリング用石けん、化粧品類は、専門の美容整形機関で使用されるものよりもかなり濃度が低く作られています。

専門機関で用いられるビタミンCは真皮層にまで導入されるほど高濃度です。当然、市販品ではそこまでの効果は期待できず、効果が現れるとしてもかなり時間がかかるはずです。

心配なのは、肌に合わないものを自己判断で用いてしまったときのトラブルです。

ピーリングとは、英語で「はがす」ということ、つまり、皮膚表面の古い角質をはがして新陳代謝を促し、健康な肌を取り戻そうというものです。

しかし、角質は外界の刺激からお肌を守る役目を担っているものです。それを剥ぎ取ってしまうのですから、当然、肌は無防備な状態のなるのです。

さらにピーリング剤は、高濃度では皮膚炎を起こしたり、かえってシミの原因にもなる恐れがあるのです。

ケミカルピーリングは、厚生労働省によって定められた医療行為である、という認識を持つことが重要です。

自宅で気軽に実行のつもりが、かえって高くついてしまった、ということにならないよう注意が必要です。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM