大人ニキビの対策方法

大人にきび治療薬はCMでもあまり見たことないような気がします。

だいたいはハイティーンの女性用のニキビ治療薬の宣伝が目に付きます。

にきびは「青春のシンボル」なんてよく言われてきたのですが、意外に大人になっても大人にきび用の治療薬がいるようなにきびの出来る人はいます。

大人になってからできるのは「にきび」じゃなくて「吹き出物」だと言われることもあります。

「にきび」も「吹き出物」もあまり大した違いはなさそうに思いますが、いずれにせよ、早く治したいことには変わりありません。

大人にきび治療薬が必要な大人のにきびは、多くの場合、あごとか首にできることが多いのです。

大人にきび治療薬が必要な大人のにきびの原因はいろいろあって、ひとつには決められないことが多いのです。

大人にきび治療薬が必要な大人のにきびはストレスや、生活習慣の乱れからくることが多いです。

どうもできてしまうと思春期よりも大人にきびの方が治りにくいそうで、大人の場合も、にきび治療薬は必需品ということになりそうです。

私のイメージでは思春期にきびは塗り薬がメインのような気がしますが、大人にきび治療薬としては漢方薬もあるのです。

最近漢方薬に注目が集まってきているみたいで、漢方薬専門店というのも時々見かけます。自分ひとりでどの大人にきび治療薬がいいのか悩んでいる人にはいいかもしれませんね。

大人にきび治療薬としてはサプリメントでも有効なのがあるのです。

以前書いたように、サプリメントで治る!というと薬事法違反になりますので、大人にきび治療薬としての宣伝はできません。

もし、何をやっても治りにくい場合には、皮膚科で治療し治療薬を処方してもらうことがよいでしょう。

クスリと同じように重要なことは、生活習慣の改善なのです。

大人になると仕事やなにやらで、どうしても生活習慣が乱れがちになりますが、大人にきびの治療薬を使用しないといけないにきびを作る原因になるものは、少しずつでも減らしていきましょう。

大人にきび治療薬を詳しく知りたい人は、ブログやホームページでいろいろ情報収集してみてください。

大人用のにきび治療薬を使用するような人は、にきびは、やっかいで治りにくく大変な場合があるのです。

 

 

でもね。

 

 

正しい知識を身につけて大人にきび治療薬を使用して早く直そうと努力した努力は実を結ぶでしょう。

 

 

サン・クラルテ製薬「緑の知恵」

 

 


ニキビ解消はこうすればいい

ニキビができてしまった時、自然と治るまでそのまま放置する人や、市販のにきび用の薬を塗る人、ニキビ用の化粧品を使う人など、対処法は人によって違います。

私はレーザー治療とケミカルピーリングがなんといってもオススメです。

ニキビは、吹き出ている状態の時も嫌なものですが、後の方が問題と言えるわけで、にきびの痕が残ってしまうと、いくら、にきび自体が治ったと言っても意味がありません。

お笑いのブラックマヨネーズの一人は、顔のニキビ跡が程度が大きく、お笑いでのネタにしていますが、できれば治したいと思っているのではないでしょうか。

にきびの痕を残さないためには、どうしたら良いかといいますと、にきびが出来てしまったら、潰さないようにすることが最も大切です。

ニキビを潰してしまうと、痕が残りやすくなります。にきびは気になるものですが、なるべく、触らないようにすることを心がけましょう。

それから、毎日の洗顔方法も重要で、にきびの予防にもつながります。

肌は、とても敏感なものなので、ゴシゴシとこするように洗うのではなく、優しく丁寧に洗うようにします。

にきびが出ている箇所も、そうです。

ニキビを潰さないように、洗顔料を十分に泡立て、にきびの箇所に乗せるようにして、包み込むように洗うのです。

にきびの痕を残さないようにするためには、ビタミンCが効果的だというのが定説です。

ビタミンCには、コラーゲンと合成する働きや、メラニン色素を薄くする働きがあり、メラニン色素が増えることでシミになる、ということを聞いたことのある人も居ると思います。

シミと同じように、ニキビの痕も薄くすることが可能です。

ニキビの痕を薄くするためには、ビタミンCが配合された化粧品を使ったり、ビタミンCが多く含まれている果物を食したりすると良いでしょう。

私はローズヒップやアセロラドリンクを飲んでいます。

しかし、これは、赤味のあるにきびや、黒ずんでいるにきびの場合にしか効き目がありません。

陥没している、にきびの痕には、残念ながら効果はなくて、にきび痕が陥没している状態の場合、細胞自体が損傷してしまっている可能性が高く、いくらビタミンCを摂取しても、細胞は再生されにくいものです。

陥没した、にきび痕には、レーザー治療やケミカルピーリングという治療を行う人もいますが、美容クリニックによって、さまざまなトラブルを招いてしまうことがあります。特に、レーザー治療は、火傷などのトラブルが発生する事例があります。

私の行く皮膚科はそういった事例はないようでした。

このごろは、安全性が重視されるようになった、専門クリニックが多いため、レーザー治療を安心して受けられるようになりましたが、それでも日焼けしている肌の人には、あまりお勧めできません。

レーザー治療は、メラニン色素に関係する治療だからです。

あまりにも激しく日焼けをしてしまった場合は、専門医の十分な説明を受け、納得した上でレーザー治療を受けなければなりません。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM