ニキビと食事

ニキビにきと食事は関係が深く、栄養バランスが悪いとニキビができるとか、食事の内容が悪いとかといった原因がにきびを作る原因になっているのです。

食生活からおきるにきびの原因はたくさんあります。

ニキビを治すために、ニキビに効くサプリメントを摂取してみたり、食事の内容など変えてみたりしている人が多いのですが、それでもにきびが治らないという人がいます。

ニキビになる原因はたくさんあり、外食などが多い人や肉が好きで魚をあまり食べないころや、甘いものが好きな場合(特にチョコレート)などです。

酒をよく飲む人、酒を飲む機会が多い人。朝食はあまり取らない人、特に学生等が多いようです。

夜遅くおやつなど食べる人、食事の時間が遅い人。ストレスを溜めやすい人。タバコなどよく吸う人。運動不足の人などなどがあげられます。こう見てみると食生活に乱れがある人がにきびができやすいのです。

ニキビにも種類があります。食事で外食が多い人にできる食べすぎにきび。

外食は高カロリーのものや脂肪が多く含まれているものが多いため、脂を好むにきび菌が毛穴内で繁殖してしまいにきびができるのが食べ過ぎみにきびです。

このにきびは脂の質が悪くなります。ニキビ食事の中で肉ばかり好んでだべる人に多いのが悪質にきびです。

魚にも脂はありますが肉の脂と全く違います。魚の脂はサラッとしており、肉の脂はこってりしているのです。そのためにきびができやすくなるということです。

にきび食事で甘いものが好きな人、よく好んで食べる人に多い甘にきび。消費できなかった糖分が体の中で中性脂肪に変ってしまい、脂の出る量が多くなってにきびができやすくなるのです。甘いお菓子など摂りすぎに注意することです。

お酒の飲みすぎなどでできるニキビをほろ酔いニキビといいます。アルコールの摂りすぎは中性脂肪を増やすことになるためにきびができやすくなるということです。

ダイエットをしているため朝食を摂らないなどいったことをしていると勘違いニキビというものができます。

朝食をぬいたため昼食がが脂肪となりにきびを増やしてしまい、他にもタバコの吸いすぎでできる跡残りにきびやストレスで食べ過ぎてできる溜めすぎニキビというのもあるのです。

やはり、ニキビと食事は一番関係があるということになります。またにきびができたからといってにきびをつぶすことはやめましょう。跡になり困ってしまいます。

うる肌物語ピーリング&リバイバルジェル


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM