乾燥肌のニキビを解消

乾燥肌のにきびを解消するノウハウはこれ。

ニキビにきというと、オイリー肌の人の皮脂が過剰分泌して、そこに最近が繁殖して白いぷつっとした湿疹が出来ている状態を想像しますが、大人のニキビの原因に「乾燥肌」が原因の事が多いのです。

乾燥肌は、皮脂の分泌量と水分量のバランスが取れていない状態なのですが、肌が乾燥して角質層の水分が少なくなってしまうと、肌が再生するサイクルがどうしても遅くなってきます。

ターンオーバーが正常に行われなくなると、肌の角質が微妙に厚くなってきてしまい、角質が厚くなると、毛穴が小さく細くなってしまうわけです。

細くなった毛穴に剥がれ落ちた角質など老廃物が溜まり、さらにそこにアクネ菌などの細菌がつくとにきびができてしまいます。

オイリー肌の人も、乾燥肌の人も、にきびの原因は「毛穴のつまり」によるもので共通しています。

ドライスキンの人のにきびは、乾燥を防ぐ正しいスキンケアによりかなり改善することができますので、洗顔には刺激の少ない、なるべく無添加の石けんなどの洗浄剤を使います。

汚れを取ろうとして念入りに洗顔しすぎると、皮脂までとりすぎてしまい、かえって乾燥状態を作り出し、毛穴に細菌や汚れが進入しやすくなってしまうことにもなりますので、注意が必要です。

洗顔後はすぐに保湿してお肌が潤った状態を保つことを守りましょう。

気をつける点はこんな簡単な事だけです。

オイリー肌よりもドライスキンのニキビはそんなに悩まなくてもよさそうです。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM