ニキビを治すケミカルピーリング

ニキビ痕の治療の最新技術としては化学薬品を皮膚に塗り、



顔の皮膚を溶かす方法である「ケミカル・ピーリング」があります。


私は、この方法を体験しましたが、そのときは、ニキビ痕ではなく、


シミおよび、シミのまわりのくすみを取るためでした。


ですから、ニキビ痕に効くかどうかは体験していませんが、理論的には、


肌が新しくなるので、期待はできるのではないでしょうか。

参考までに私の経験を話します。



まず、私は皮膚科に相談しました。

すると、「クスミがとれて、明るい色調の顔になるだろう」と言われました。


1回で効果があるわけではなく、8回はケミカル・ピーリングを受ける必要があり、
 

週に1度2ヶ月間続けて来ることができないなら、やめておいた方がよいとのことでした。

幸いなことに、私の会社は週休2日のため、土曜日があいていました。


申し込みと同時に、おおよその日の予約をしました。

ケミカル・ピーリングの気になる費用面ですが、1回3500円程度だったと思います。




ケミカル・ピーリング施術の所要時間は約30分。

しかし、予約していても洗顔時間や待ち時間などがあり、合計1時間は必要でした。

タオルと、クレンジングと化粧水を持参するようになっていました。




ケミカル・ピーリングを受ける直前に、化粧を落とし、顔を水で洗います。

そして、診察台のようなところに、仰向けになって寝ます。

女性の看護士か、スタッフのような人が、顔に薬品を塗ります。

すこし、ピリッ ピリッとします。



10分程度たつと、「氷で顔を冷やしますよー。冷たいですよー」と言って

スタッフがやって来て私の顔を氷で冷やします。

再び顔に薬品を塗ります。

また、氷で冷やします。

それで終わり。




自分の感想としては、薄いくすみは8回のピーリングでかなり消えた。

しかし、色の強いシミに対しては効果が感じられなかった。




それは先生もおっしゃっていたことで、ケミカル・ピーリングは何度かワンクール8回の施術を繰り返さないといけないのです。

全体的には、少しは明るい色調の顔になった、と思う。

レーザー治療にせよ、ケミカル・ピーリングにせよ、弱い治療を何度も繰り返すのだということが、わかりました。

かえってそれが、よいのです。



一度に治そうと強いレーザーを当てたり、強い薬品でケミカル・ピーリングをおこなうのは、万一のことも考えると、遠慮したいくらいです。

レーザーも、ケミカル・ピーリングもお金がかかるようになります。

費用面で、ある程度覚悟をして治療を受ける必要があります。




先日、テレビで、悪い病院でレーザー治療を受けて状態が悪化した事例が報じられていました。

私は、病院の選択が非常に大切と思います。

ケミカル・ピーリングなどは、いろんな情報を仕入れて、評価の良いところで受けるようにしてください。

信頼の置ける皮膚科を探してください。



クチコミ情報が信用できます。

行きつけの美容室の先生なんかが詳しいのではないかしら?

レーザー治療等は、失敗すると、肌のダメージは大きいのです。

ちなみに、アメリカなど外国では薬品で皮膚を火傷の状態にさせ、皮膚を1枚はがすという方法もあります。

テレビで、その治療も見ました。ある50歳くらいのご婦人は、若さがどう見ても20歳は若返った感じでした。

うらやましかったです。

けれども、日本式の「弱く、回数を重ねる」治療の方が安心ですね。


 


ニキビ対策これでOK

JUGEMテーマ:健康
 ニキビ対策はこれでOK。


ニキビを治すにはケミカルピーリングが早いです。


圧倒的な早さです。


でも、それだけではなく洗顔と食事も注意したら、ニキビはキレイになおります。


肌トラブルのなかでも多くの人が悩んでいるニキビを治すには、正しいケアを行うならば、きっと症状を改善できます。


今の日本の技術では、ニキビは治るものとなっています。


ニキビの悩みが大きいのは、顔にできるからです。



毎日、なんどか鏡を見ることがあるでしょうが、そのたびに、


「このニキビさえなければ・・・・・」


というふうに思ってしまいますよね。


で、その対策ですが、

第一のポイントは、洗顔です。




洗顔時には石鹸を十分に泡立てて、包み込むようにソフトに洗います。



これ、重要。


ポイントとしては、すすぎ残しがないように、十分にすすぐことです。




ニキビを早く治そうと、何度も洗顔をしてしまうと、必要な皮脂まで取れてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。



肌が乾燥してしまうとはニキビができやすいです。



悪いサイクルにならないように洗顔を的確におこないます。



洗顔は1日に2回までにしましょう。



個人個人に差があり、乾燥肌や脂性肌などにわかれます。



自分の肌タイプを知り、その洗顔がよいのか考えてケアをすれば、ニキビ等の肌トラブルも抑えることができます。



そして洗顔だけではなく、内側からの対策がきわめて重要です。



ニキビ対策は外からの治療だけでなく、内側からもケアすべきと考えましょう。


脂っこいものはNGです。



チョコレートなどの甘い物ばかりを食べるのもNGです。



野菜不足もニキビにはよくないです。



野菜不足が便秘につながり、体内に老廃物が溜まると、新陳代謝が悪くなって、毛穴が詰まります。



そうなるとニキビができやすいのです。



ニキビ対策は体の内側からもケアをすることができるように、毎日食べるものも健康に気をつかったものにしましょう。



手っ取り早くニキビを治すにはケミカルピーリングがよいので、皮膚科に相談して、即効で治したらいいのです。




ニキビ肌とストレスの関係

 ニキビ肌はストレスが原因だから、ストレス対策は必須。


ニキビはケミカルピーリングで治ります。


が、



何度、ケミカルピーリングでキレイ肌になっても、また、再発する可能性があります。



ストレスによる場合が、そうです。






肌の炎症やニキビは、いろいろな原因が考えられますが、ストレスも大きな要因になります。



皮膚の炎症やニキビは、アクネ菌やぶどう球菌が原因です。



毛穴が詰まってしまうと雑菌が繁殖して皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。




最近は、思春期の若者だけでなく、大人もニキビで悩むことが多くなりました。



これは、仕事や家事、育児など、生活環境の中でストレスを抱え込んでいるのが原因です。




ニキビ肌を予防したり、解消するには、不安やイライラを抑えて心をリフレッシュすることが大切です。



悩みや苦痛を溜めてしまうと気持ちが落ち込んでしまうので、脳に負担をかけてしまいます。




脳下垂体が副腎皮質ホルモンの分泌を促すので、カテコールアミンやコルチゾールというホルモンの量が増えます。



これらのホルモンは、ストレスが増える度に分泌されるホルモンで、体の機能性を高める効果があります。ですから、血圧が高くなったり、心拍数が増えるのを抑えてくれます。



ですが、反対にビタミンBの作用が失れてしまうので、肌のバリア機能も低下することになります。



このように、ストレスが解消されないと、ビタミン不足になるだけでなく、余分な皮脂が分泌されるので、肌の炎症やニキビ肌を起こしてしまいます。



日頃から、趣味やスポーツを楽しんで、イライラや不安を解消すれば、肌のバリア機能が高まり、炎症やにニキビなどの吹き出物を防ぐことができます。




美肌作りのために、気分をリフレッシすることが大切です。

ニキビ対策の基礎知識

JUGEMテーマ:健康

 日本だけで290万人が悩んでいるというニキビ、正式名称を「尋常性坐瘡(じんじょうせいざそう)」といい、立派な皮膚疾患です。


ニキビはケミカルピーリングやレーザー治療で治すのがよいのですが、ニキビ治療の基本は抑えておきましょう。


毛穴が汚れや古い角質で塞がれると新しい皮脂が毛穴から出ることが出来なくなるのですが、そこで一般的な細菌が増殖すると化膿したり炎症したりして盛り上がり、ニキビとなります。


つまり、毛穴をつまらせることがニキビの素になるのですね。



毛穴をつまらせないスキンケアがニキビ対策の基本です。

しかし、ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌だけでなく、睡眠不足やストレス、ビタミン不足、化粧品や気温の変化などによっても毛穴がつまってニキビが引き起こされます。


そのため、ニキビ対策には基本の洗顔だけでなく、生活習慣を整えることも非常に重要です。


また、早めにケミカルピーリングやレーザー治療をすることも大事です。



大人になってからのニキビはもちろん、若いころのニキビも、できて当たり前と思って放置すると跡が残ってしまうことも…。

後悔しないためにも、正しい方法でニキビ対策を行いましょう。


ニキビのある人が少なくなった

 ニキビのある高校生を見かけなくなりました。


昔は、もっといたよね。


そう思う。


結局、医療や美容の知識が得られるようになったので、ニキビの人が少なくなったんだと思うのです。


ニキビは顔にできるので、思春期にできると、つらい。


大人になっても、ニキビはつらいのですが。



大人になると、高校生の得のようなニキビの「勢い」というものは、さすがになくなってくるのですが、化粧をするので、ニキビ悪化の要因にもなるのです。

ニキビ治療の原則

 顔や体にできるニキビというのは病気などではないので心配する必要はありませんが、ニキビで困っているという人は多いのが現状です。


大人になってもできる大人ニキビと年若いうちにだけできる思春期ニキビなど、種類も様々なものがあります。


種類がいろいろあるニキビですが、どのような治療をしたら良いのでしょうか。


ニキビに関しては、治りやすい軽いニキビから治るのに時間のかかる重いニキビまで、症状にも段階がつけられています。



症状の程度に合った治療方法を探すと同時に治療を先延ばしにしないことによって完治も早くなります。


ニキビに有効な治療方法は内服治療や外用薬での治療の他に、レーザーによる光を当てて治す方法など治療の方法も一つではありません。


ニキビの治療法は、万人に効く治療法が見つかっていないのです。


あごやおでこ、背中など体の様々な部分にニキビはできます。


ニキビが表れている箇所によっても治療法は異なり、症状が進む速さも違います。


それぞれの部位に合わせた治療方法を探しましょう。


ニキビが悪化して炎症を起こしてしまったらまず炎症を抑える処置が求められます。


ニキビの跡に困っている人は、ニキビ跡を消すために最適な治療を見つけましょう。


このように人それぞれ治療法が異なるので、どの治療法が適しているのかを探すことが先決です。


ドラッグストアなどでもニキビに有効な塗り薬が売っていますが、皮膚科できちんと診てもらうほうが治りも早いでしょう。


ニキビ治療に必要な抗生物質も種類が様々なため、自分の症状に合わせた薬を使う必要があります。


ニキビ治療を効果的に行ないたいのであれば、自分のニキビの種類などについて知ることが求められます。



ニキビが出始めてしまうと、治療し終えてもしばらくしてニキビが再び出てくる場合が多いようです。



いつも清潔な肌であるようにしてニキビ予防に努めることも治療の一つだといえるでしょう。

 


ニキビを治すクスリと洗顔

ニキビの治療法はいくつかありますが、基本は食事と、塗り薬となります。

先日(21年2月初旬)、朝のテレビショッピングでなかなか良さそうなニキビのクスリが通販で販売されていました。

もとアイドル歌手のウインクの一人がCMを担当していました。

たしか相田翔子さんですね。

RACAというニキビ薬ですが、テレビで何度も繰り返し宣伝されると、催眠術にかかったようになってしまいますね。

RACA↓

安心の30日間返品保証付!まずはお試しください♪ニキビも吹き出物もニキビ菌対策で徹底ケア。...


このヒトはもともと美肌なのではないか?

という気もしますが・・・・・。

このクスリによってニキビのない美肌になったわけではないように思えますが、まあいいでしょう。



思わず買いたくなるような感じですね。

いいニキビ薬に出会うと、はやくニキビが治るのはたしかなので、テレビを見て、試したい方は、ぜひ試すといいですね。

ただし、クスリだけではダメだと思います。

にきびの予防に一番有効なのは正しい洗顔ですから。

最初に実行するのは、顔の化粧を十分に落とすことです。

肌を清潔にしましょう。

化粧を落とすクレンジング剤も購入するときはは、油分の多いものは買わないようにすべきです。

油分が多くなっている肌には良くありませんよ。

クレンジングは肌への負担が少ないので、「洗い流す」タイプがいいと思います。

そして刺激が少ないものがよいのです。

弱酸性の洗顔料などのやさしい泡で洗うのも良いでしょう。


ネットや通販やテレビショッピングでも石鹸はよく宣伝されています。

女性週刊誌などは洗顔用の石鹸のCMは、あらゆるページに載っています。

泡立ちの良い石鹸とか、お茶のせいぶん含有とか、「クチコミで3分に1個うれている」とかですね。

お金を出して、購入することは大事だと私は思っています。


このニキビ薬は安価ですが評判がいいですね↓


うる肌物語ピーリング&リバイバルジェル


にきびはこうして治す

にきびができたら、自然治癒力で治るまで放置する人や、市販のにきび用の薬を塗る人、あるいはにきび用の化粧品を使う人など、対処法は人によっていろいろですね。

にきびは、できている状態の時も嫌なものですが、その後の方が問題と言えるでしょう。

にきびの跡が残ってしまうと、にきび自体が治ったと言っても意味がありません。

にきびの痕を残さないためには、どうしたら良いのか考えて見ましょう。

まず、にきびが出来てしまったら、潰さないようにすることを注意しましょう。ニキビをつぶしてしまうと、にきびの痕が残りやすくなえうわけです。

にきびは気になり、さわりたくなりますが、できるだけ触らないようにすることです。

加えて、毎日の洗顔方法も大切で、にきびの予防にもつながりますので、十分に行います。

肌は、とても敏感なものなので、こするように洗うのはよくありません。

優しく丁寧に洗うことです。

にきびが出ている箇所も丁寧に洗いましょう。

にきびを潰さないように、洗顔料を十分に泡立て、にきびの箇所に乗せるようにして、包み込むように洗うのです。

にきびの痕を残さないようにするには、特にビタミンCが効果があると言われています。

ビタミンCには、コラーゲンと合成する働きや、メラニン色素を薄くする働きがあります。

メラニン色素が増えてシミになることを聞いたことのある人も居ると思いますが、シミと同様ににきびの痕も薄くすることが可能です。

にきびの痕を薄くするためビタミンCが配合された化粧品を使ったり、ビタミンCが多く含まれているミカン等の果物を食べると良いでしょう。

ただし、赤味のあるにきびや、黒ずんでいるにきびの場合にしか効き目がなくて、陥没したにきびの痕には、効果は、残念ですが、ありません。

にきび痕が陥没した状態なら、細胞自体が損傷してしまっている可能性が高く、もしビタミンCを摂取しても、細胞は再生されにくいわけです。

ですから、私はにきび痕には、レーザー治療やケミカルピーリングという治療を行うことをオススメしています。

ただし、美容クリニックによって、さまざまなトラブルを招いてしまうことがあります。

特に、レーザー治療は、火傷などのトラブルが多く発生しています。

最近は、だいぶ、安全性が重視されるようになった、専門クリニックが多ことからレーザー治療も安心して受けられるようになりましたが、日焼けしている肌の人には、お勧めできないのです。

レーザー治療はメラニン色素に関係する治療になるので、日焼けの度合いがきつい場合には、専門医の診断を受けたうえで、レーザー治療を受けるようにしましょう。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM