思春期のニキビについて

思春期のにきびは、10代〜20代前半に多く、顔にちらばった形で出来やすく、スキンケアや化粧品などの影響を大きく受けるのです。

思春期にきびは、成長ホルモンの影響により、皮脂が過剰に分泌されることも原因であり、街を歩く女子学生のなかには、透き通るような白くキレイな肌の少女がいる反面、ニキビが顔にいっぱいできている少女もいますね。

思春期にきびは、脂分の多い肌の人に出来やすく、季節では、春から夏にかけての季節に発症しやすくなります。

思春期に限らず、皮膚の毛穴にはアクネ桿菌という菌がいます。

思春期にきびが化膿する原因は大抵アクネ菌や雑菌によるものです。

思春期にきびには、ビタミンB類を多めに摂ることも大切で、皮膚の抵抗力を強めてニキビを予防する効能があります。

思春期にきびを防ぐためにはバランスの良い食事を捕ることが必要ですが、サプリメントなどでビタミンなどを摂る方法もあります。

思春期にきびはほとんどが顔に多くできるため、思春期の人たちにとってはストレスの原因になってしまいます。

思春期にきびの原因は、ストレスや疲労、カップラーメン等の食事の劣化、また不規則な生活、慢性の寝不足、生理不順などもあります。

過度のストレスや疲労・寝不足などが続くと、内臓の機能も低下するのでいっそう思春期にきびが起こりやすい環境となっていくのです。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM