ニキビのようでニキビでない

ニキビに似ている症状で脂漏性皮膚炎があり、皮脂の分泌が多いといわれている頭や顔の鼻の周りなどに出来やすいものです。

ニキビに似てるために、ニキビと間違いやすいのですが、脂漏性皮膚炎という症状です。

症状としては、毛穴が開いて皮脂の分泌が多いといわれています。

ニキビに似ている症状の脂漏性皮膚炎は男性ホルモンの分泌によって起きたり、食生活などが関係して、発症します。

ニキビはアクネ菌が原因でにきびの症状が出来るのですが、こちらのニキビに似ている脂漏性皮膚炎の方は、マラセチア菌という真菌が原因といわれています。

ニキビに似ている脂漏性皮膚炎はニキビではないことがわかっていますが、ニキビと合体して、発症することもあるそうです。

にきび治療では脂漏性皮膚炎を治すことができませんし、逆に脂漏性皮膚炎の治療ではにきびを治すことが出来ないのが現状です。

にきびに似ている脂漏性皮膚炎の治療には、少し強い目のステロイド剤や抗真菌剤が治療に使われます。

にきびだと思って、ニキビの治療をしていても一向に治らない症状の場合は脂漏性皮膚炎の場合もあるので注意したほうがいいでしょう。

もちろんレーザー治療などをする前は、専門家が見てくれると思います。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM