ニキビと皮脂の深い関係

JUGEMテーマ:健康

ニキビと皮脂の関係を知っておくことがニキビ対策を成功させます。

毛穴は細菌の侵入のおそれがあるため、皮脂は毛穴にて、細菌を防止する役目を果たしています。

また、ウイルスや細菌からも肌を守る役目もあるのです。

そういった重要な役目をもった皮脂ですが、ドロドロ状になっていれば、毛穴に皮脂がたまり毛穴がつまってしまうのです。

 

 



角栓が毛穴でつまり、皮脂がせき止められ、雑菌やウイルスの影響で炎症が発生したのがニキビです。

ですから、皮脂がニキビの原因のようにも思えますが、直接の原因ではありません。

皮脂が多くても毛穴にたまらない状態であれば、毛穴にたまらないので、ニキビにならないのです。

ニキビのできる、できないは、皮脂の多い、少ないではなく、皮脂がつまるか、つまらないか、ということですね。

 



昔からチョコレートが、ニキビに良くない、ということが体験的にも知られています。

それは、チョコレートに含まれる脂肪分が固まりやすい性質を持っているからです。

ニキビの原因が肌の炎症ということですので、単に洗顔を十分しただけでは治らないということがわかります。

つまり、ニキビができてしまったのなら、炎症をとめる薬などで治療をすることになります。

また、いくら肌の炎症を治療しても、体質を改善しなければ皮脂による肌の炎症が続き、結局ニキビ発症となります。

食べ物に注意するとともに、サプリメントによる皮脂の総入れ替えをすることです。

 



ニキビで特に気になるのはニキビ痕ですね。

まずは、ニキビが膿をもつほど悪化させないことが大切。

そして、乱れた肌をととのえるサプリメントをとりましょう。

もし、ニキビ痕が出来た場合はレーザー治療と、ケミカル・ピーリングを皮膚科に相談するとよいです。

今の技術は優れているので、思った以上に私の場合はキレイになりました。


ケミカルピーリングの基礎知識が美肌への近道

ケミカルピーリングはにきび治療や毛穴治療に効果的といわれ、



人気は不動のものとなりましたね。



実際にケミカルピーリングというのは、どういった治療なのでしょうか。



注意点などを再確認しましょう。



(美人の条件は美肌なのですネ



ケミカルピーリングの再確認です。



専用の薬品を顔につけることで、古くなった角質層を取り除き、つるつるの皮膚にすることがケミカルピーリングの方法です。



毛穴詰まりや皮脂汚れが古い角質層と一緒に取り除けるだけでなく、くすみやしみなども減らせて、肌を美しく仕上げられます。


新しい皮膚が古い皮膚にとってかわるターンオーバーの作用も、ケミカルピーリングによって促進することができます。


28日ごとに新しい皮膚がつくられるのが、一般的なターンオーバーです。


加齢や紫外線、ストレスなどの影響によって、周期が不安定になることがあります。


ターンオーバーは部分的に崩れることもあるといいます。


角質層が部分的に厚みを持つことで、にきびがふえたり、肌のざらつきがひどくなったりします。


ニキビやしみ、くすみ、しみなどができるのは、ターンオーバーによって古い皮膚と新しい皮膚との交替がうまくいかなくなった時などが要因です。


特に顕著なのはニキビと肌のシミです。


ターンオーバーがうまくいけば、シミの原因なるメラニン色素は体外に出ていきます。


ケミカルピーリングを行うことで皮膚のコラーゲンをふやしたり、ニキビ治療やニキビ跡の治療、


ほかにも、しみやくすみの元になるメラニン色素を作りにくくすることができるため、美肌効果に役立ちます。


外からはケミカルピーリンングで美肌。

体の中からはドクダミでニキビのない美肌へ。

髪の毛と肌にはドクダミが効果が大きいのです。
 
JUGEMテーマ:健康

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM