<< ニキビを美容整形のケミカルピーリングで治す | main | 乾燥肌のニキビ対策 >>

ニキビ肌とストレスの関係

 ニキビ肌はストレスが原因だから、ストレス対策は必須。


ニキビはケミカルピーリングで治ります。


が、



何度、ケミカルピーリングでキレイ肌になっても、また、再発する可能性があります。



ストレスによる場合が、そうです。






肌の炎症やニキビは、いろいろな原因が考えられますが、ストレスも大きな要因になります。



皮膚の炎症やニキビは、アクネ菌やぶどう球菌が原因です。



毛穴が詰まってしまうと雑菌が繁殖して皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。




最近は、思春期の若者だけでなく、大人もニキビで悩むことが多くなりました。



これは、仕事や家事、育児など、生活環境の中でストレスを抱え込んでいるのが原因です。




ニキビ肌を予防したり、解消するには、不安やイライラを抑えて心をリフレッシュすることが大切です。



悩みや苦痛を溜めてしまうと気持ちが落ち込んでしまうので、脳に負担をかけてしまいます。




脳下垂体が副腎皮質ホルモンの分泌を促すので、カテコールアミンやコルチゾールというホルモンの量が増えます。



これらのホルモンは、ストレスが増える度に分泌されるホルモンで、体の機能性を高める効果があります。ですから、血圧が高くなったり、心拍数が増えるのを抑えてくれます。



ですが、反対にビタミンBの作用が失れてしまうので、肌のバリア機能も低下することになります。



このように、ストレスが解消されないと、ビタミン不足になるだけでなく、余分な皮脂が分泌されるので、肌の炎症やニキビ肌を起こしてしまいます。



日頃から、趣味やスポーツを楽しんで、イライラや不安を解消すれば、肌のバリア機能が高まり、炎症やにニキビなどの吹き出物を防ぐことができます。




美肌作りのために、気分をリフレッシすることが大切です。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM