<< レーザー治療でニキビを治す | main | シミのない美肌顔 >>

ニキビ対策ローズヒップ

ニキビはレーザー治療やケミカルピーリングでキレイに治ります。

とはいえ、せっかくレーザー光線などで、きれいになったとしても、根本的な再発防止を図ることが重要。

ローズヒップはハーブティーとして食すことが多く、私はよく飲んでいます。またスキンケア商品として、「ローズヒップオイル」という名称で販売されているものもあり、高い人気です。

ローズヒップオイルは、小さな瓶に入った状態で売られており、ローズヒップオイルに関する、いろいろな掲示板を見ると、「ローズヒップオイル効果は抜群だ」という意見が多いですね。私も効果は満足できるものです。

女性の利用者が多いことが分かります。女性雑誌にはよくローズヒップオイルが特集されたりしているせいでしょう。通常のローズヒップ化粧水などと同様に、肌荒れやシワ、老化現象を緩和させる働きがあるのですね。

ローズヒップオイルの使い方は、難しくなく、洗顔後、化粧水を使った後に使用するのが一番良いと思います。小瓶に入っていることからも分かるように、一度に、大量に使うものではないのです。利用の際は、2〜3滴、手になじませて使うことです。

顔に使う場合は、マッサージするように、顔全体に塗り込むように使用するのです。ローズヒップオイルを肌になじませることで、乾燥肌をも和らげる効果があり、入浴後の、肌が乾燥する前に行うと、効果が一段と表れやすいと思います。毎日続ければ、冬の乾燥時期にカサカサすることもなく、乾燥肌の予防になるのです。

ローズヒップオイル成分は、リノール酸やリノレン酸という成分からできており、乾燥肌を防ぐ働きや、皮膚を健康な状態に保つ働きを持っているのです。

「メドウズベースオイルローズヒップオイル」というローズヒップオイルは、精製油で、フェイスオイルとして使われることが多くなっており、ローズヒップオイルの中でも、いろいろな通販サイトで人気がある商品といえます。

「生活の木ローズヒップオイル」は、チリ原産のローズヒップから抽出されたオイルで、マッサージオイルとして使用されることが多い商品なのです。
「GAIAオーガニックローズヒップオイル」は、天然ローズヒップオイルとして有名ですよね。

ローズヒップオイルに共通して言えることは、ローズヒップは酸化しやすい、ということ。

ローズヒップは、開封後、すぐに使い切ってしまわないと品質が変わってしまうので、保存には、十分、気を付けなければなりません。基本的に、開封後、3ヶ月ぐらいで使い切ればいいと思います。

飲んでもいいし、塗ってもいいのです。両方やりましょうよ。

ローズヒップティーは1000円以下で一箱買えるものがあります。ローズヒップオイルを使用する際の、いくつかの注意点があります。まず、保存には冷蔵保存をすることです。冷蔵庫の中に入れ、必ず、日の当たらないところで使用しましょう。

肌にローズヒップオイルをつける場合も同じです。日中、ローズヒップオイルをつけて外出すると、日が当たったことにより、品質が変わってしまいます。そのため、肌にも悪影響が出てしまうことになる可能性があります。

ローズヒップオイルは油なので、触るとベタベタするのですが、ローズヒップオイルをつけたまま何かを触ると、そこにもローズヒップオイルのベタベタした感触が移ってしまうので、使用するときには、周囲にあるものへの配慮が必要となってきます。

まずは試してみることです。

それはニキビ治療にかぎらず、何事もそうですよね。
JUGEMテーマ:健康
シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM