<< にきびを治す | main | 背中ニキビを治す方法 >>

ニキビを治すケミカルピーリング

ケミカルピーリングでニキビをはじめシミやくすみを消し去りたいと思う人は多いことでしょう。

日本でのエステや美容外科、皮膚科などで多く行われているピーリングは、20-50%のAHA(主にグリコール酸)を使ったピーリングです。

私は地元で評判の皮膚科でピーリングを受けました。

サリチル酸(20%程度)もひんぱんに行われており、その副作用は少ないのですが、いってみれば角質を剥離するものなので、にきびにはある程度効果があるものの、一般的には一時的な効果しかないということも言えます。

TCAは深いピーリングもできますし、根本的な的な治療もできますが、治癒に時間がかかるというデメリットがあります。

私が一番感じたのは、レーザー治療は1回で完結しますが、ケミカルピーリングは10回くらいは通う必要があったことです。

フェノールも深いピーリングができますし、しわなどにも有効と言えます。

ブルーピールと言われるのはTCAのピーリングの1つであり、施術医にピールする深さがわかりやすいように15%のTCAに青い色素を入れたものなのです。

にきびは皮脂腺の発達の良い、顔・胸・背中にできやすく、原因は表皮の新陳代謝が鈍り毛穴が詰まることや、皮脂の過剰分泌なのです。

毛穴が詰まるとめんぽう(コメド)という状態になり、アクネ菌による炎症が加わると赤ニキビとなるのです。

にきび対策としては、様々な種類の薬剤が使われ、代表的なものはAHA(アルファヒドロキシ酸:フルーツ酸とも言われ、グリコール酸や乳酸が主に使われる)とTCA(トリクロール酢酸)です。フェノール、ジェスナーズ液やサリチル酸も使われています。

ピーリングでは、術前の前治療や術後の後治療がとても大事です。
私も皮膚科の医師にはくどいほど注意を受けました。日焼けに気をつけよと。

角質や表皮を剥がすわけですので、表皮が持つ肌本来の水分保持機能だけでなくバリア機能も失われ、適切な対処が求められることもあるのです。

エステのピーリングは非常に弱い(トラブルが起こりにくい)ものにもかかわらず、エステのピーリングで苦情・トラブルが次々と発生しているということは、術前術後の適切な処置をしていないせいだと言えます。

ケミカルピーリングを受ける場合には、知識と見識の十分な医師にお願いしたいものですね。


肌に古い角質が蓄積されると、ニキビの原因になり、ケミカルピーリングは酸性の溶液で皮膚の角質を取り除き新陳代謝を促進し、きめ細かな張りのある皮膚を取り戻す効果があります。

ピーリングには数種類の薬品が使用されていますが、安全で日本人の肌質に合っているフルーツ酸の一種であるグリコール酸または天然乳酸を用いてピーリングを行うことが安全面ではよいのです。

皮膚の状態を皮膚科医が診察してから施行するような医院でのケミカルピーリングをオススメいたします。


ケミカルピーリングに要する時間は30分くらいです。ピーリング施行中は多少ぴりぴり感を伴いますが、気になるほどではなかったです。

個人差がありますが、赤みやほてり感が2〜3時間、長い方は1日続くようです。私はなにもなかったですが・・・・。

2〜3日は肌が乾燥感しやすく、保湿ケアに気をつけてください。

ニキビの方は人によっては、中に詰まった皮脂が出されるので、ニキビ箇所が悪化することがありますが、あまり気にすることはありません。

ピーリングの後にビタミンC誘導体のイオン導入をセットで行います。注意点としては、日焼けしやすくなるので、1カ月間は外出時に日焼け止めを塗ることを忘れないことです。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM