<< 背中ニキビを治す方法 | main | ニキビを治す方法を考える >>

ニキビを治すケミカルピーリング

ニキビ痕の治療の最新技術としては化学薬品を皮膚に塗り、



顔の皮膚を溶かす方法である「ケミカル・ピーリング」があります。


私は、この方法を体験しましたが、そのときは、ニキビ痕ではなく、


シミおよび、シミのまわりのくすみを取るためでした。


ですから、ニキビ痕に効くかどうかは体験していませんが、理論的には、


肌が新しくなるので、期待はできるのではないでしょうか。

参考までに私の経験を話します。



まず、私は皮膚科に相談しました。

すると、「クスミがとれて、明るい色調の顔になるだろう」と言われました。


1回で効果があるわけではなく、8回はケミカル・ピーリングを受ける必要があり、
 

週に1度2ヶ月間続けて来ることができないなら、やめておいた方がよいとのことでした。

幸いなことに、私の会社は週休2日のため、土曜日があいていました。


申し込みと同時に、おおよその日の予約をしました。

ケミカル・ピーリングの気になる費用面ですが、1回3500円程度だったと思います。




ケミカル・ピーリング施術の所要時間は約30分。

しかし、予約していても洗顔時間や待ち時間などがあり、合計1時間は必要でした。

タオルと、クレンジングと化粧水を持参するようになっていました。




ケミカル・ピーリングを受ける直前に、化粧を落とし、顔を水で洗います。

そして、診察台のようなところに、仰向けになって寝ます。

女性の看護士か、スタッフのような人が、顔に薬品を塗ります。

すこし、ピリッ ピリッとします。



10分程度たつと、「氷で顔を冷やしますよー。冷たいですよー」と言って

スタッフがやって来て私の顔を氷で冷やします。

再び顔に薬品を塗ります。

また、氷で冷やします。

それで終わり。




自分の感想としては、薄いくすみは8回のピーリングでかなり消えた。

しかし、色の強いシミに対しては効果が感じられなかった。




それは先生もおっしゃっていたことで、ケミカル・ピーリングは何度かワンクール8回の施術を繰り返さないといけないのです。

全体的には、少しは明るい色調の顔になった、と思う。

レーザー治療にせよ、ケミカル・ピーリングにせよ、弱い治療を何度も繰り返すのだということが、わかりました。

かえってそれが、よいのです。



一度に治そうと強いレーザーを当てたり、強い薬品でケミカル・ピーリングをおこなうのは、万一のことも考えると、遠慮したいくらいです。

レーザーも、ケミカル・ピーリングもお金がかかるようになります。

費用面で、ある程度覚悟をして治療を受ける必要があります。




先日、テレビで、悪い病院でレーザー治療を受けて状態が悪化した事例が報じられていました。

私は、病院の選択が非常に大切と思います。

ケミカル・ピーリングなどは、いろんな情報を仕入れて、評価の良いところで受けるようにしてください。

信頼の置ける皮膚科を探してください。



クチコミ情報が信用できます。

行きつけの美容室の先生なんかが詳しいのではないかしら?

レーザー治療等は、失敗すると、肌のダメージは大きいのです。

ちなみに、アメリカなど外国では薬品で皮膚を火傷の状態にさせ、皮膚を1枚はがすという方法もあります。

テレビで、その治療も見ました。ある50歳くらいのご婦人は、若さがどう見ても20歳は若返った感じでした。

うらやましかったです。

けれども、日本式の「弱く、回数を重ねる」治療の方が安心ですね。


 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM